スポンサーリンク

妊娠線とは?いつからできる?予防する?出来てしまったら消える?

スポンサーリンク
未分類

妊娠してお腹が大きくなってくると
妊娠線と呼ばれる肌トラブルが目立つようになります。
また、
お腹だけでなく胸やお尻、赤ちゃんを受け入れるカラダの変化のすべてにおいて
妊娠線が出来る可能性があります。
妊娠線は出やすい人と出にくい人がいると言われていますが、
その原因と予防方法を今回はご紹介します。

  1. 妊娠線とは?
  2. 妊娠線の原因は?
    1. 妊娠線とは?その原因は?
        1. 妊娠線イメージ図
        2. 線状皮膚萎縮症(せんじょうひふいしゅくしょう)
      1. 妊娠線の赤色と白色の違いは?
        1. 赤色の妊娠線
        2. 白色の妊娠線
  3. 妊娠線ができやすい場所
  4. 妊娠線ができやすい人できにくい人
    1. 双子以上の妊娠(妊娠線ができやすい人)
    2. 高齢出産である(妊娠線ができやすい人)
    3. 体型が小柄、やせ型、筋力に自信がない(妊娠線ができやすい人)
    4. 乾燥肌である(妊娠線ができやすい人)
    5. 二人目の妊娠である(妊娠線ができやすい人)
    6. 皮下脂肪が多い(妊娠線ができやすい人)
    7. しっかりとした保湿をしていない(妊娠線ができやすい人)
  5. 妊娠線や正中線はいつできる?
  6. 妊娠線の予防方法
    1. 適切な体重増加
    2. 保湿
  7. 妊娠線の対策はいつからすればいい?
  8. 妊娠線クリームの選び方は?
  9. 妊娠線予防クリームの選び方4大ポイント:なんでもいいわけじゃないんです!【人気マタニティクリームおすすめランキングの前に】
    1. 妊娠線予防マタニティクリームの選び方①優しい商品、安心安全を確認できるモノ
    2. 妊娠線予防マタニティクリームの選び方➁保湿・保水・ターンオーバー
    3. 妊娠線予防マタニティクリームの選び方➂価格・コスパも大事
    4. 妊娠線予防マタニティクリームの選び方④ 続けられるモノを選びましょう!
    5. 妊娠線クリームはなんでもいい?⇒ポイントを踏まえて自分に合ったクリームを選びましょう!
  10. 万が一できてしまった妊娠線を薄くする方法がある?
  11. 妊娠線のケアクリームってどんな種類があるの?
  12. おすすめの妊娠線予防クリーム
    1. ナチュラルサイエンス ママ&キッズ ナチュラルマーククリーム
      1. 武内製薬 Mamacharm ママクリーム
      2. ソリア アロベビーフォーマム ボディマーククリーム
      3. ノコア アフターボディトリートメントクリーム
      4. オーガニックマドンナ セラムスーペリア

妊娠線とは?

妊娠線とは、妊娠中の急激な体型変動で起こる肉割れ線のことです。
ストレッチマークとも呼ばれ、正式名称は「線状皮膚萎縮症」(あるいは皮膚伸展線条)と言います。
最初はピンク色や赤味のある線が痣のように現れ、段々と赤黒く変化するのが特徴です。
産後は白っぽくなって目立ちにくくなる場合もありますが、完全に消えることはないと言われています。
https://www.ena-clinic.com/column/1079/

妊娠線予防はいつから?

妊娠線予防クリームおすすめランキング2022:人気・安いコスパ◎マタニティクリームはなんでもいいわけじゃない!
《このページでわかること!》・妊娠線とは?・予防はいつからすれば良い?・おすすめ妊娠線予防クリーム【2022最新版ランキング】・計30以上のおすすめマタニティクリーム&オイルもご紹介!・出来てしまった妊娠線を消すクリームランキング妊娠すると

妊娠線の原因は?

妊娠線とは?その原因は?

妊娠線とは、
皮膚の奥にある真皮が、
急激なお腹などのカラダの変化についていけずに裂けてしまい、
赤紫色の線が浮き出てきてしまう、

この断裂線を言います。

大きく変化のあるお腹はもちろんですが、
胸やお尻、二の腕なども真皮が変化に追いつかずにできることがあります。

妊娠中のあなたも、なんとなくお気づきかと思いますが、
赤ちゃんを受け入れるために、
本当にカラダのあちこちに変化が出てきますので、
思わぬところに妊娠線が急に現れることも・・・・

また、
妊娠中に増えるホルモンの影響でターンオーバーが抑制されてしまい、
肌の弾力を失って断裂が起こりやすくなるともいわれています。

妊娠線イメージ図
線状皮膚萎縮症(せんじょうひふいしゅくしょう)

ややこしく言うと、
『妊娠線』というのは、
線状皮膚萎縮症と呼ばれる良性の皮膚病変になります。

専門的には皮膚伸展線条とも呼ばれることがありますが、
いずれにせよ『良性の皮膚病変』です。
(良性とはいえ目立つので嫌ですね)
妊娠期の体の変化で出来た場合『妊娠線』と呼ばれます。
参考:https://medicalnote.jp/diseases/%E7%B7%9A%E7%8A%B6%E7%9A%AE%E8%86%9A%E8%90%8E%E7%B8%AE

線状皮膚萎縮症(せんじょうひふいしゅくしょう)
あるいは
皮膚伸展線条(ひふしんてんせんじょう)とは、
皮膚が萎縮性に線状にわずかに陥没し、表面に細かなシワを呈した症状である。
良性の皮膚病変。
日本では一般に肉割れ、妊娠線条、単に妊娠線と称する。 

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』線状皮膚萎縮症

妊娠線の赤色と白色の違いは?

妊娠線の中でも、
妊娠期に「あっ!」と気づいた時の赤紫っぽい妊娠線
出産後にふと気づいた白っぽい妊娠線
となんだか妊娠線の色の報告が様々です。
簡単な違いをご紹介します。

赤色の妊娠線

赤色から赤紫色の妊娠線は、
出来たばかり(皮膚がダメージを受けたばかり)の状態です。
若干盛り上がっていたり(逆にへこんでいたり)、
紅斑があったりと、まだ皮膚にダメージが残っているのが赤色の妊娠線です。
できればこの状態でケアをしたいところです。

一番はこうなってしまう前にマタニティクリームで予防するのが一番大事です・・・。
出来てしまったら本当に治すのは大変です。

白色の妊娠線

赤色の妊娠線は時間とともに色素が薄れていき、
白色から灰白色(皮膚の色に溶け込むような肌色)に変化します。
一般的に妊娠線といわれるのはこの状態を指すことが多いです。

痛みやかゆみなどの症状もなく、
医学的にも良性の病変なのですが、
とにかく『見た目』が気になるのが大きな問題です。

この白色の妊娠線の状態は長期間残存し、
しっかりとケアをしなければずっと跡が残り続けることになってしまいます。
お尻や太ももに白いスジを見かけたことはないでしょうか?

妊娠線予防クリームおすすめランキング2022:人気・安いコスパ◎マタニティクリームはなんでもいいわけじゃない!

妊娠線ができやすい場所

妊娠線と聞くと、お腹の下あたりをイメージする人が多いですよね。
子宮があるこの位置は、特に急激に大きくなりやすいため、
妊娠線がでやすい場所でもあります。

しかし、
妊娠線はお腹以外の場所にできることもあるので要注意。
妊娠線がお腹以外の場所にできることを知っているママは少ないのではないでしょうか。

妊娠線のできやすい場所
【二の腕、わきの下、バスト、おなか、背中、おしり、太もも、膝裏】

特に妊娠してバストアップする際、脇やバストは妊娠線ができやすいです。
骨盤の開きと共におしりや太ももに脂肪がつきやすくなるため、これらの位置も妊娠線ができやすいと言えるでしょう。

妊娠線ができても痛みなどが無いため、見えない所にできてしまうと気付くのは難しいです。全身の妊娠線を予防するには、全身のケアが必要だということですね。

ふくらはぎと太ももの肉割れ原因と予防・改善方法
おしりの肉割れ(妊娠線)の要因と対策
胸にできた肉割れ(おっぱいバストの妊娠線)
正中線を消すメイドバイマムクリームの効果と口コミ

妊娠線ができやすい人できにくい人

参考:妊娠線・肉割れができやすい人できにくい人の傾向はある??

妊娠線・肉割れができやすい人できにくい人の傾向はある??
◎まるねこママこんにちは!◎まるねこママです!!想像以上のペースで大きくなるお腹や体の変化。赤ちゃんの成長、それを受け入れる体の変化を感じ嬉しい反面、いわゆる妊娠線の心配がでてきますね。できてしまうと治らないとも聞くし、何かケアや予防してお

双子以上の妊娠(妊娠線ができやすい人)

双子の写真

これは当然かもしれないですが、
一人より二人の方が、お腹の大きくなる部分が多く、
お腹の真皮に負担がかかるため、
妊娠線が出る可能性が高くなるため妊娠線ができやすいと言えます。

高齢出産である(妊娠線ができやすい人)

おなかを触る妊婦さん

加齢により肌、真皮の弾力、柔軟性が低下し、断裂の可能性が高くなります。
ターンオーバーの周期が長くなったり、
これは仕方がない事ですが毎日のケアでアンチエイジングしていきたいですね。

体型が小柄、やせ型、筋力に自信がない(妊娠線ができやすい人)

妊婦無料歯科健診|パール歯科医院(千葉県船橋市)

体型が小柄だったり、やせ型の方は
もともとの皮膚面積がないため、急激な赤ちゃんの成長による、
皮膚の伸びる比率が大きくなりどうしても出来やすくなります。
小柄な方は骨盤が小さいため、お腹の前側が膨らみやすくなる事もありお腹の妊娠線が目立つことも。
また、
筋肉によって急激な変化を抑える事ができるため、
逆を言うと筋力のない方は大きな変化に抗えずに真皮が耐えられず妊娠線になってしまうとこもあります。
華奢な女の子タイプは妊娠線ができやすいといえるでしょう。

乾燥肌である(妊娠線ができやすい人)

妊娠線正中線ができたお腹

もともと肌に近い表皮と違い、
肌の奥の真皮は伸縮性があまりないのですが、
乾燥により柔軟性を失ってしまうと更に断裂が起こりやすくなってしまいます。

もともと乾燥肌の方は妊娠線ができやすい人にあたり非常に注意が必要です。
実はこの乾燥が一番といっても良いポイントです。

普段乾燥肌でなくとも、妊娠によるホルモンバランスの変化などで体質が変わることもあります。

また、
表面ではなく肌の奥の真皮の部分のため、気づきにくいですし、
ケアにも少し時間がかかります。
お腹や体の変化が始まる前から妊娠線クリームなどの専門成分で早め早めの予防をオススメします!!


【おすすめマタニティクリーム】
妊婦さん限定ミルポッシェオーガニクス使い放題の口コミ
miteteマタニティクリームの効果と口コミ・使い方
ナチュラルマーククリームの評価・評判・口コミ

二人目の妊娠である(妊娠線ができやすい人)

妊婦の写真

初産より2人目のほうが妊娠線ができやすい傾向にあるそうです。
一度出産を経験していることで子宮も皮膚も伸びが良くなっており、
一人目に比べてお腹が大きくなれるスピードも速いため妊娠線ができやすくなります。

皮下脂肪が多い(妊娠線ができやすい人)

妊娠期別に紹介】マタニティヨガで出産に自信を持とう!おすすめポーズ14選 | YOGA HACK(ヨガハック)– 自分らしいココロとカラダを作る –

皮下脂肪は横方向への弾力性に乏しく皮膚の伸びについていけないため、
もともと皮下脂肪が多い場合は妊娠線ができやすいと考えられています。

しっかりとした保湿をしていない(妊娠線ができやすい人)

妊娠線ケアをしっかりしないと出来やすい

出来やすい方もいる一方で、出来ない方もいるため、
ネットやSNSで様々な情報が飛び交っています。

基本的には専門クリームでの保湿が必要です。
しっかりと皮膚の奥まで浸透し効果をなす成分がケアが必要なため、
よく言われるニベアなどの代用品で大丈夫などの情報をうのみにしないで予防をしっかりしましょう。
大丈夫という人は、単純に出来ないタイプの人だった可能性が高いです
また、
しっかりと専門クリームを塗っていたのに出来たという方の場合はケア方法が足りなった可能性もあります。
理想は朝晩の二回の全身ケアになります。
実際続けるのは大変ですが、こういった事を怠っていたのにかかわらず、
「やっていたのに出来たからクリーム意味ない」
といっている場合もあります。
たしかに専門クリームなどは、少し高いモノもありますが、それなりの成分が入っています。
中には、↓のようなママのために使い放題プランを用意していくれているクリームもあります。

妊娠線や正中線はいつできる?

妊娠線も正中線も、妊娠中期のおなかが大きくなってくる頃にあらわれる人が多いようです。

妊婦さんのおなかは妊娠中期である妊娠16週(妊娠5ヶ月)頃から外見でも妊娠しているとわかるくらいに目立ち始めてきます。

妊娠線ができる時期は個人差がありますが、体型の変化が大きい時期にできやすいため、妊娠中期~妊娠後期にかけてが要注意です。

しかし、中には妊娠初期に妊娠線ができてしまったという方もいますので、早い段階からケアする習慣をつけておくとよいでしょう。

正中線も、おなかが大きくなる妊娠5か月~6か月頃にあらわれやすくなります。

正中線を消すメイドバイマムクリームの効果と口コミ

妊娠線の予防方法

妊娠線ができないようにするためにはどうすればよいのでしょうか?

【妊娠線を予防する方法】

  • 適切な体重増加
  • 保湿

妊娠線ができないよう予防するうえで大切なことは、急激な体型の変化を防ぐことと、肌が乾燥しないよう保湿をしっかりするということです。

妊娠線予防クリームおすすめランキング2022

適切な体重増加

妊娠すると胎児の重さ以外に、おなかの赤ちゃんを育てるための胎盤や羊水、母体の血液量の増加などを含めて最終的に少なくともおよそ7~8kgは体重が増加します。

そのほかに、妊娠・出産に必要なエネルギーを皮下脂肪として蓄えるため、妊娠中の理想的な体重増加量は7~15kg(妊娠前の体格により変動する)とされています。

妊娠中は体重を増やさないようにすることが決して良いわけではなく、適切な量を適切なスピードで増やすことが母子ともにトラブルがおこるリスクを減らせるだけではなく、妊娠線の予防にもつながります。

急激な体重の増加は妊娠線ができやすいだけでなく、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群などのリスクも高めてしまいます。

妊娠中の体重が増えやすい時期はつわりが落ち着いた頃と、妊娠中期~後期にかけての胎児の成長スピードが早い時期です。

保湿

肌が乾燥していると弾力が低下し妊娠線ができやすくなります。

ボディクリームやオイルなどを使いしっかり保湿しましょう。

入浴後や朝のお手入れのときなどに、全身に塗りながら軽くマッサージするとよいでしょう、

保湿をしたからといって妊娠線を必ず予防できるとはいえませんが、最小限に抑えることができます。

妊娠線の対策はいつからすればいい?

妊娠線を防ぐためには、
いつから対策をすればよいのでしょうか?

おなかが目立ち始めるのは妊娠5ヶ月頃からですが、つわりで体調が悪すぎなければ妊娠初期からケアをはじめるのが理想的です。

体重の管理は妊娠線の問題にかかわらず妊娠期間中を通してずっと必要ですので、つわりが落ち着いたら毎日体重を測るなどして適切にコントロールしましょう。

保湿ケアについては、クリームやオイルを塗り始めたからといってすぐに効果がでるわけではありません。

特にもともと乾燥肌の人は妊娠初期から保湿とマッサージを習慣づけられるとよいですね。

つわりなどで体調が不安定だったとしても、
遅くてもおなかが目立ち始める前の妊娠4か月頃から保湿ケアを行うようにしましょう。

妊娠線クリームの選び方は?

毎日の保湿ケアが非常に重要ですが、乾燥肌の人や冬場などは特に念入りにケアをしましょう。クリームやオイルを塗ることで肌が柔らかくなり、妊娠による伸びに耐えられる皮膚を作ることができ、結果的に妊娠線の予防効果が期待できます。
妊娠線は妊婦の代表的な悩みでもあり、なかなか予防するのが難しい症状でもあります。
しかし、適度な運動や保湿ケアによって、症状を最小限に抑えることは可能。
妊娠線が出てきそうな時期になる前からしっかりとケアして、妊娠線の予防に励みましょう。

予防に使える妊娠線クリームの選び方をご紹介します。

妊娠線予防クリームの選び方4大ポイント:なんでもいいわけじゃないんです!【人気マタニティクリームおすすめランキングの前に】

妊娠線予防クリームランキングの前に妊娠線予防マタニティクリームの選び方 妊娠線予防専門◎ねこママ
◎まるねこママ
◎まるねこママ

それでは、
「妊娠線の基礎知識」を踏まえつつ、
妊娠線予防クリームを選ぶ際に必ずチェックしておきたい
「4大ポイント」をご紹介します。

妊娠線予防マタニティクリームの選び方①優しい商品、安心安全を確認できるモノ

もう基本中の基本ですが、
赤ちゃんのため、
自分の体のために使うモノ
ですので、
成分や原産国などにも注意して
安心・安全を確認しましょう。

肌などが非常に敏感になっている時期でもありますので、
刺激になりうる成分は避けたいです。
(匂いにも敏感な時期ですので注意しましょう。心地の良いリラックスできるものが見つかれば良いですが継続して使わなければならないので、無香料が無難かもしれません。)

成分としては、
合成成分 合成○○のようなモノは基本良くないです。
あとはトレチノイン、パラベン、トルエン・・・・
など注意が必要ですが・・・。
といっても、
難しい成分名などを言われても実際照らし合わせて確認するのって面倒ですよね。

◎まるねこママ
◎まるねこママ

↓以降↓で私が紹介する商品はこの辺りはちゃんとクリアしているので、
こちらから選んでもらえれば成分は問題ありません!
安心して使っていただけますので是非ご参考にしてください。

妊娠線予防マタニティクリームの選び方➁保湿・保水・ターンオーバー

妊娠線予防には繰り返しになりますが
「 保湿、潤いによる弾力性、柔軟性の維持 」
が大事ということで、
保湿・保水とターンオーバーを強力にサポートできるか、
肌のおくまで浸透する事ができるか、
そんな成分がしっかり入っているかが大切です。

下記成分は要注目ですよ!!

《保水・保湿力》

  • セラミド…細胞間脂質の主成分。肌にうるおいを与え、保護してくれ作用を持つ。
  • アミノ酸…肌に存在するNMF(天然保湿因子)の主成分。セリン・アラニン等もある。
  • グリセリン…吸湿性に優れている保湿剤。濃グリセリンやジグリセリンも同様。
  • ヒアルロン酸Na…真皮に存在する保湿成分。保水性が非常に高い。
  • スクワラン…皮脂にも含まれている油性成分。肌馴染みが良く、保湿・柔軟作用がある。
  • コラーゲン…タンパク質の一つ。肌のうるおいと弾力をキープする役割をもつ。
  • ポリエチレングリコール…化粧品によく使われる保湿成分。PEG-●●と記載されることが多い。

≪ターンオーバー≫
・コラーゲン
・葉酸

妊娠線予防マタニティクリームの選び方➂価格・コスパも大事

妊娠線予防には、
「毎日のクリームなどによる全身の継続的な保湿」が一番有効 であり、

↓【《参考》ケアクリームの理想の使用量目安】↓

妊娠線予防クリームランキングの前に理想の目安量をチェック

上記のように、
妊娠線予防には、
毎日、朝晩(1回ずつ)、たっぷりとクリームを使ってケアするのが理想です

しかし、
しっかりたっぷりと理想のクリーム使用量を使い
朝晩に予防をしていくと、
お腹だけのケアで、
月1本を使い切ってしまいます。

妊娠中の体の変化は、
胸やお尻、二の腕などにもおこり、
妊娠線はこういった様々な部位にも出来る可能性があることはすでにお伝えしましたが、
たっぷりのクリームで全身をケア
して乾燥を防ぐとすると、
毎月2本以上ものクリームが必要になります・・・・。

妊娠線クリームは意外と高いので、
クリームを間違うと、
お財布が非常に厳しいのです!(苦笑)

かといって、
ケチって中途半端に使って妊娠線が結果できてしまったら。
本末転倒の、もっと無駄になってしまいます・・・。

継続してたっぷり塗る事が重要の妊娠線予防ですので、
お財布的にも無理なく続けられるコスパの良いクリームを選びましょう!!

【参考】
おしりの妊娠線の要因と対策
ふくらはぎと太ももの妊娠線原因と予防・改善方法
胸バストおっぱいの妊娠線

※コスパを重視しすぎて、
ニベアなどの市販されている保湿クリームを塗っている方もいらっしゃいますが、
 普通の保湿クリームと妊娠線予防クリームとでは成分がまったく違いますのでご注意を。

妊娠線予防マタニティクリームの選び方④ 続けられるモノを選びましょう!

妊娠線予防には保湿が重要

コスパのところでもお話しましたが、
保湿、潤いによる弾力性、柔軟性のキープ
には継続が大事です。

一日塗ったらバッチリOKというものではなく、
日々の保湿、ケアが大事になってきますので、
ストレス無く毎日使えそうなモノを選びましょう。

それは、
お気に入りの香りを選ぶ事もそうですし、
オイル、クリームの選択、価格帯、ベタつかない等、
自分に合ったモノを選びましょう。

【クリーム】
肌の表面に膜をつくるイメージです。
肌の中の水分を蒸発させない役割をします。
【オイル】
中から保湿するイメージです。
肌の内部まで届きます。

保湿力ではオイルの方が上ですので実は意外とオススメです。
オイルは使い慣れていないとベタ付きなどちょっと敬遠してしまうかもしれませんが、
イメージとは違う、ベタ付かないサラっとしたものも多いので試す価値はありますよ。

妊娠線クリームはなんでもいい?⇒ポイントを踏まえて自分に合ったクリームを選びましょう!

妊娠線予防クリームの選び方4大ポイントまとめ

イビサクリームの効果口コミ マタニティウェア可愛い安い

出典:妊娠線クリームの選び方とランキング

万が一できてしまった妊娠線を薄くする方法がある?

一度ひび割れてしまった妊娠線は、放っておいたら完全に消えることはありません。最初は赤紫色やピンク色をしています。時間とともに黒ずんでいき、産後は白っぽく目立たなくなっていきます。もし、妊娠線ができてしまったら、産後落ち着いてからトレーニングをするといいでしょう。成長ホルモンの分泌を促進させることで、真皮や表皮の代謝を促し、肌のターンオーバーを活発にして、妊娠線を目立たせなくします。最近では一度できてしまった妊娠線をより目立たなくするためのクリームなども発売されているので、妊娠線ができてしまった方も、諦めずにトライしてみてください。

かなり目立つように残ってどうしてもしっかりと消したいという方は、皮膚科のレーザー治療も有効と言われています。海外では一般的な治療法です。

肉割れ消えたクリーム

肉割れを消すノコアの口コミ効果

妊娠線のケアクリームってどんな種類があるの?

妊娠線をケアするためには、クリームタイプのほかに、オイルタイプ、ローションタイプなどがあり、用途や好みによって使い分けることができます。

妊娠線ケアクリーム
水性成分と油性成分を両立し、簡単にケアできる一番人気のクリームタイプ。しっかりと水分を補い、油分で保湿をするという両方のケアを同時に行うことができます。

妊娠線ケアオイル
油性成分でできており、保湿性が高く、伸びが良いのが特徴。クリームに比べて保水力は劣るので、妊娠線ができやすいタイプの方は、クリームとの併用がおすすめ。

妊娠線ケアローション
保水力が高く、最近ではオイルやミルクが配合された保湿成分の高い商品も多く発売されています。サラッとした使い心地で夏の妊婦さんが好む傾向。クリームやオイルとの併用がおすすめ。

おすすめの妊娠線予防クリーム

妊娠線の原因の1つとして、
妊婦さんの多くが経験する肌が乾燥しやすくなるという現象が挙げられます。

乾燥状態にある皮膚は伸縮性が低下するため、
胎児の成長やご自身の脂肪によって皮膚が引き伸ばされると断裂しやすくなるのです。

そのため妊娠線を予防するには皮膚の保湿が欠かせません。

さて妊娠線予防のために一般的な保湿クリームを使用する方もいる中、
妊娠線予防クリームとして製造・販売されているクリームを用いる方もいます。

妊娠線予防クリームは肌が刺激に弱くなりやすい妊娠中に使うことを想定して作られているため、肌にやさしい成分が使われている傾向にあります。

また妊婦さんの肌だけでなく生まれた赤ちゃんの肌にも安心して使える商品も多いです。

それでは、市販されているおすすめの妊娠線予防クリームをいくつかピックアップします。
肉割れ消えたクリーム

ナチュラルサイエンス ママ&キッズ ナチュラルマーククリーム

ナチュラルマーククリームの評価・評判・口コミ

肌の柔軟性や弾力を維持する働きが期待できる妊娠線予防クリームです。

ボトルの中身は空気に触れにくい構造になっていることから、開封後時間が経ってもクリームが劣化する心配はほとんどありません。

また無香料なのでにおいに敏感になりやすいつわりの時期にも安心して使用できます。

武内製薬 Mamacharm ママクリーム

武内製薬Mamacharmママクリームの口コミ評判

コラーゲンとヒアルロン酸がそれぞれ2種類配合されているのに加えセラミドも使われていることから、保湿力に優れています。

肌が存分にうるおうクリームでありながらベタつきにくい傾向にあるので、快適に使うことができます。
またクリームの伸びが良いため少量でも広範囲に渡って塗ることが可能です。

なおこちらのクリームには香りが付いていますが、ほんのりした石鹸の香りなのでリラックス効果が期待できます。

ソリア アロベビーフォーマム ボディマーククリーム

アロベビーフォーマム妊娠線クリームの口コミ

99%の成分が天然由来であるため化学成分に抵抗のある方でも安心して使うことができます。

そして保湿成分もふんだんに使われていることから、妊娠線が形成されやすい部位の乾燥やつっぱりを改善する効果が見込めます。

またネロリの香りがあるのでリラックス効果も期待できます。

ノコア アフターボディトリートメントクリーム

ノコアの口コミ効果

ほんのりネロリの香りが感じられる妊娠線予防クリームで、保湿成分だけでなく肌の新陳代謝を促すビタミンC誘導体が含まれています。

このビタミンC誘導体の作用で皮膚の新陳代謝が促進され、肌のトーンアップ効果に加えシワ、たるみ改善効果が期待できます。

そして美肌成分が皮膚の奥の角質層にまで浸透し妊娠線や肉割れに加え、脂肪増加や猫背によるへそ周辺の横ジワと首のシワを薄くする効果も見込めるのです。

また伸びが良い一方で軽いテクスチャーであることからベタつきが生じる心配が少ないです。

ちなみにこの商品は単品で購入する手段もありますが、同じメーカーがセットで販売している「ヒートブースターボディマッサージ VCオイル」を先に使うことでクリームがより肌に浸透しやすくなる効果が期待できます。

オーガニックマドンナ セラムスーペリア

オーガニックマドンナ ボディセラムスーペリアの口コミ評判

オーガニック成分が95%を占めており香料や着色料も使われていないことから、肌が敏感になりやすい妊娠中に安心して使えるクリームです。

またこのクリームには水が使用されておらず、アロエベラの葉からとれるエキスをベースに作られています。

そのためアロエベラの持つ美肌効果、保湿効果により肌のうるおいやツヤ、伸縮性が保たれることが期待できます。

ちなみに香りはシトラスの香りです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました